日本で唯一の総合工芸施設 大阪市立クラフトパーク

ホーム

工房案内

 > 工房案内 > 金工工房

金属に熱を加え様々な技法を駆使し、
作品を作ることができる金工工房。

銀、銅、真鍮、錫、アルミ、鉄...。
様々な金属に熱を加え、鍛金、彫金、板金、溶接などの技法を駆使した作品を創作。アクセサリーや食器などの実用品のほか、立体的な造形物や自由制作に取り組みます。

装飾品コース

シルバーのアクセサリー(リング、ペンダントトップなど)を制作しながら、様々なアイテム制作に必要な技術を学びます。

基礎 1回3時間/10回(3カ月)
内容 シルバー指輪・ペンダントトップなどのアクセサリーを制作
制作作品 指輪、ペンダントなど
受講の流れ

※基礎~本科IIIまでカリキュラムをご用意しております。
※カリキュラム修了後には、さらに技術を高めるコースとして独自のカリキュラムに沿って学べる専科か、習得したカリキュラム内容を応用して自由制作ができる本科継続のどちらかのクラスを選択できます。

工芸品コース

シルバーのティースプーンや錫のトレー、銅のお鍋など実用的な物から、オブジェなどのアート作品を制作します。

基礎 1回3時間/10回(3カ月)
内容 基礎では、シルバーのスプーンや錫のお皿などの実用的な小物作り
制作作品 スプーン、皿など
受講の流れ

※基礎~本科IIIまでカリキュラムをご用意しております。
※カリキュラム修了後には、さらに技術を高めるコースとして独自のカリキュラムに沿って学べる専科か、習得したカリキュラム内容を応用して自由制作ができる本科継続のどちらかのクラスを選択できます。

工程

装飾品透かしと貼り合わせによるペンダントトップ

  1. ① デザインデザインを上になる銀板に書き写します。
  2. ② 透かし糸ノコの刃が通るくらいの穴をドリルで開け切り抜きます。
  3. ③ 模様を打つ切り抜いた部分に模様を入るように、下になる銀板を焼きなましタガネなどを使い模様を打ち付けます。
  4. ④ ロウ付け上になる銀板の裏面にフラックスを塗り細かく切った銀ロウを乗せ、バーナーで火を当て半溶かしの状態にします。
  5. ⑤ ロウ付け2枚の板を重ね、ずれないように押えながら火を当て接合します。
  6. ⑥ 研磨薄めた硫酸に浸して酸化した汚れなどを取り除き、形をヤスリなどで削りととのえていきます。
  7. ⑦ 色付け色仕上げに、いぶし液につけ全体を1度黒くします。
  8. ⑧ 完成紙やすりなどを使い余分な着色を取り除き、仕上げの研磨を行い完成です。

工芸品銅のタンブラ

  1. ① 地金取り制作するものの形に合わせて地金(銅板)の大きさを決め円形に切りぬく。
  2. ② 焼きなましガスバーナーで銅板を赤くなるまで火であぶり、やわらかくする。
  3. ③ 絞り当金(あてがね)を使い、金槌で叩き形を成形させていく。
  4. ④ 絞り一通り叩けば銅板はまた硬くなるため、何度も焼きなましと絞りを繰り返しながら、形をつくっていく。
  5. ⑤ 絞り形をつくっていく時、銅板にしわがよらないように注意して叩いていく。
  6. ⑥ 口の成形叩く作業が終われば、金切りばさみで口を切り、形を整える。
  7. ⑦ 錫引き酸化防止のため、火にかけ内側に錫を薄く熔かしコーティングする。
  8. ⑧ 完成銅のタンブラーの完成。

作品を見る

時間割

装飾品コース週1回(3時間)×10回

スワイプすると表全体をご覧いただけます。

初回日〜
最終日
1月20日〜
3月23日
休館日 1月15日〜
3月25日
1月16日〜
3月19日
1月10日〜
3月13日
1月11日〜
3月14日
午前
9:30〜12:30
基礎
本科
基礎
本科
基礎
本科
午後
13:30〜16:30
基礎
本科
基礎
本科
基礎
本科

工芸品コース週1回(3時間)×10回

スワイプすると表全体をご覧いただけます。

初回日〜
最終日
1月20日〜
3月23日
休館日 1月15日〜
3月25日
1月16日〜
3月19日
1月10日〜
3月13日
1月12日〜
3月15日
午前
9:30〜12:30
基礎
本科
基礎
本科
基礎
本科
午後
13:30〜16:30
基礎
本科
基礎
本科
基礎
本科

受講料

装飾品コース

スワイプすると表全体をご覧いただけます。

受講料 初回材料費 合計
基礎 27,000円 6,500円 33,500円
本科I 33,000円 0円※ 33,000円
本科I 33,000円 0円※ 33,000円
本科III 33,000円 0円※ 33,000円
本科継続 33,000円 0円※ 33,000円
専科 39,000円 0円※ 39,000円

※本科Iから制作する作品により別途材料費がかかります。

工芸品コース

スワイプすると表全体をご覧いただけます。

受講料 初回材料費 合計
基礎 27,000円 7,000円 34,000円
本科I 33,000円 0円※ 33,000円
本科II 33,000円 0円※ 33,000円
本科III 33,000円 0円※ 33,000円
本科継続 33,000円 0円※ 33,000円
専科 39,000円 0円※ 39,000円

※本科Iから制作する作品により別途材料費がかかります。

工房設備

  • 工具
  • 金槌模様
  • 当金
  • サンドブラスト
  • 締シャーリング
  • 平ロール
  • ベルトサンダー
  • ボール盤

講師・指導員紹介

堀 紀幸講師
ものづくりには自分自身を元気づけてくれたり、時に精神的な高揚感を与えてくれる 大きな魅力が秘められています。これらはものづくりの特権であり、喜びでもあります。 私にとって造形の世界はとても楽しいことであり、嬉しいことであり、楽園のようなものです。
釜本 幸治指導員
作品づくりは、とても自由な行為です。ひとりで全てを決めることができます。他の人にとっての失敗が、自分にとっては成功であったりなど、あらゆる価値観の可能性があります。そんなところが作品づくりのすばらしさだと思います。
岸本 隆恵指導員
子供の頃から絵を描いたり何かを創ったりすることが好きで、どちらかというと口ベタな私にとって、ものづくりがいつのまにか自分を表現する一つの方法となったような気がします。自分の感じるままに創作し、その作品を見てくださった方に何か伝わり感じていただけたら幸せだなぁと思っています。
水野 年彦指導員
ものづくりは楽しい。毎回制作していくうえで小さな発見がある。他人から見たらすごく小さな事でも、本人にしたら大きな発見。そんな小さな発見の積み重ねが大きくふくれあがって、喜びにつながっていくと思う。
八木 牧子指導員
何をしたいか。どのようなものを創りたいか。それはビジョンを持つことが大切です。そのビジョンも自己満足の為だけでなく、人にどう喜ばれるかを考えると自然に答えは見えてきます。ものづくりの素晴らしい創造の世界の扉を開いて見てください。
西脇 麻衣子指導員
金属という素材が放つ美しさに魅せられ、昔の人々から受け継がれてきた技術や知恵を生かし、自由に、新たに、ものづくりができます。 おどろきの出会いを、いきいきと伝わる作品の力を、生活の中に取り入れたいものです。
前田 達哉指導員
作る事は考える事。決断し、実行し、その結果を感じてまた考える。その行為の繰り返しが自身に足りないものを教えてくれる。僕にとってモノ作りは自分と向き合う大切な時間です。金属はそんなじっくり考えたい人とも相性が良い素材だと思います。

前のページへ戻る

お問い合わせは
お電話・FAXにて
  • 06-4302-9210
  • 06-4302-9212

ご意見・ご感想は
こちらへ!

〒547-0012
大阪市平野区長吉六反1-8-44